新春講演会「コロナ禍の国際情勢とエネルギー」

新型コロナウィルス感染症拡大の影響が長期化するなか、世界経済は大きく落ち込み、エネルギー需要も減少しています。世界中で懸念が広がるなか政府は、2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロと宣言し、カーボンニュートラルを成長戦略と位置づけました。
その目的を達成するためには、どのようなエネルギー政策を日本は取っていくべきか、三浦さんと一緒に考えていきます。

日時:2022年2月11日(金・祝) 15:00~16:30
会場:刈羽村生涯学習センター「ラピカ」文化ホール
講師:三浦 瑠麗 氏(国際政治学者 シンクタンク、㈱ヤマネコ総合研究所 代表)
定員:150名(無料・要予約)
お申込み:刈羽村商工会 TEL/0257-45-2386